ベゴニアのサイズをご確認下さい。→こちらから

 商品一覧を見る

べゴニアの育て方

また花芽をつけさせるには?

母の日や誕生日で贈られたベゴニアの花が終わってしまった場合どうすれば、再び花芽をつけるでしょうか?

般のご家庭でも、できる方法をお伝えします。

夏の高温はベゴニアに負担がかかるので、葉を最低10枚以上残して切り戻した状態にしておきます。

※できれば高温時の切り戻し避けて、梅雨時期や秋になるタイミングで切り戻しましょう。



まずは、ベゴニアがどうやって花芽を着けるのか、その生理現象からお伝えします。



植物は長日植物と短日植物に分けることができます。

1日24時間のうち約12時間以上明るい状態が続いた場合に花芽分化して花芽を着けるのが、長日植物。

逆に約12時間以上暗い(真っ暗)状態が続いた場合に、花芽分化して花芽を着けるのが短日植物。


長日の品種もありますが、ベゴニアライフで販売しているベゴニアは短日です。

しかし一般のご家庭で部屋を真っ暗にするのは大変ですよね。


簡単に真っ暗にする方法はベゴニアに段ボールを被せて真っ暗な状態します。

例えば、夕方500に被せてあげて、朝700に箱から出せば、暗い時間が14時間となりますので、花を着けやすくなります。



また夕方600に暗くして~朝800に明るくしてもいいでしょう。(14時間暗い


これを約2週間続けると脇芽が花芽になりやすく、花が着きやすくなると思います。

この作業を短日処理といいます。

短日処理に決まった期間はありませんが、最低10日ほど続けると効果が出てくると思います。




注意点

※暗くしている時は段ボールから絶対に出さないこと。明るくすると短日処理の効果がなくなります。

※短日処理する場合は最低10日は毎日行いましょう。

途中で止めてはだめです。芽が花芽になっているか観察しながら育ててあげましょう。




花芽に分化していれば、花を咲かせてくれます。


 

店長紹介

ベゴニアライフ 吉岡拓海

2011年夏、1ヶ月間、オートバイで日本中を旅しておりました。
旅の中で事故に遭うかもしれない。最悪、命を落としてしまうかもしれない不安と、無事に走り通して、未来を拓きたい希望の気持ちが入り混じりながらオートバイで走っておりました。旅の中で人間に対して、日本に対して、自分に対して、発見がありました。歴史上の建造物や絶景を見たり、地元の人と酒を交わしたり、野宿をしたりと。
今となっては二度と体験できない貴重な体験です。そして、幸運な事に無事故で故郷へ戻ることができました。その時、深く自分の心に刻みました。せっかく活かされた命ですから、自分にしかできない事を世の中に還元しようと決意して就農しました。

2011年、8月19日(有)ヨシオカ園芸に就農

ベゴニアの独自際栽培方法を確立するため、ひたすらテスト栽培を続けました。そして仕事の中で、人々との出会いをきっかけに、人の喜び、感動、幸福に直接、貢献したいという思いが強まり、家族の反対(相当な心配)はありましたが、何とか説得し
2015年、2月20日ECサイト、ベゴニアライフを立ち上げました。
「ブランディングは1つ1つの事柄をしっかりと積み重ねる」これを信念として、事業に専念しています。

【ビジョン】贈った方、贈られた方の人生が、物心共に豊かになるベゴニアを生産する。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ